Crypto Currency Consulting Support

  1. ウォレット
  2. 114 view

トークンを簡単に管理できるtokenPocket|トークンポケット

○スマホで使えるDappsブラウザ

お持ちのウォレットからワンタップで、DexやDappsを直接呼び出すことが可能です。

○安全に管理できます

あなたのウォレットはあなただけのものです。

ウォレットの作成はオフラインでも可能です。

○資産が一目でわかります

あなたのイーサリアム・トークンの所持量がわかるので総資産額も一目でわかります。

※Coin Market Capに掲載されているERC20トークン

使える機能

・イーサリアムウォレットの作成

・イーサリアムウォレットのインポート

・ポートフォリオ(イーサリアムやERC20に準拠したトークンの所持量の可視化)

・トランザクション(イーサリアムやERC20に準拠したトークンの譲渡や受け取り)

 

●トークンポケットのメリット

・日本語対応

・dappsブラウザ機能搭載(ブロックチェーン上で展開しているゲームアプリです)

以下のようなゲームをトークンポケットから楽しむことが可能です。

 

・気になったdappsゲームをブックマークできます。

・ウォレットの秘密鍵はサーバーで管理されないので、自己管理になります。その代わり、取引所のように大元がハッキングされ盗まれるリスクは低いです。

・オフラインでもウォレットが作成できるので安全性が高い。

・インポート機能があり、パソコンからこれまで利用していたウォレットをトークンポケットで確認できます。

 

「トークンポケットでのウォレット作成方法」

トークンポケットはApple Storeからダウンロードすることができます。

Apple Storeで「トークンポケット」と検索するとヒットします。

①イントールができたらアプリを起動します。

トップ画の画面が出てくるので、「ウォレットを作成」をタッチします。

すると「ウォレット名」「パスワード」「パスワード再入力」を順に入力し、「利用規約に同意する」にチェックを入れます。

最後に「ウォレットを作成」をタッチしましょう。

パスワードは20文字以上が推奨されています。

 

②ウォレットを作成したら、バックアップを行います。

バックアップを行わないと入金ができないようになっています。

下の画面になるので、「バックアップ」をタッチします。丸いマークの方でもいいです。すると「キースとをバックアップ」という画面に変わります。空欄にウォレットを作成した時のパスワードを入力します。

最後に下にある「バックアップ」をタッチします。

③キーストアの保管方法についても説明いたします。

まず「バックアップ」をタッチします。右側の画面に移るので、保存方法はどれを選択してもいいですが、今回はメモ帳に保存します。

キーストアは文字数が多いので、キーをコピーしたらスマホに入っているメモ帳などに保存しましょう。USBなどに移しておくことでさらに安全に保管できます。

 

ここで注意が必要なのは、クラウドスレージに保存すると、ネットに繋がっているので第三者に漏れるリスクがあります。クラウドには保存しないようにしましょう。

これでバックアップは完了です。

 

「トークンポケットへの入金方法」

①次にトークンピケットへの送金方法です。下にあるお財布マークをタッチすると、まだ空のウォレットが開きます。「受け取る」をタッチします。

すると右の画面に移るので、「コピー」をタッチするとウォレットアドレスをコピーします。出金元が取引所なら、口座の出金のところにある宛先(送信先)に、今コピーしたアドレスを貼り付けます。

 

 

入金してくれる相手がその場にいる場合は、QRコードを読みとってもらうことで、素早く入金を完了させることができます。

入金後、ウォレットの総資産に反映されているかを確認しましょう。

「トークンポケットから出金する方法」

①まず下にあるイーサリアムのマークをタッチします。ウォレット内の画面になるので、その中から送金したいトークンを選びます。下のようにイーサリアムの場合は赤く囲った中をタッチします。

右側の画面に移るので、「送信先アドレス」と「金額」を入力します。アドレスは送信元からアドレスをコピーしましょう。また送り先が誤っていないか確認をするようにしましょう。

「GASリミット」と「GASプライス」は調節できるので、早く送信したい場合は、調節できますがその分手数料も高くなります。

最後に「確認画面に進む」をタッチします。

②画面が変わり、送金内容に誤りはないか確認をして、「パスワード」を入力します。最後に「確認」をタッチすると、「トランザクションが送信されました」と表示され送金は完了です。

 

「トークンポケットの復元方法について」

これは今まで使っていたウォレットをインポートする場合です。

①まずはトークンピケットを起動させた1番最初の画面を出します。「ウォレットをインポート」の方をタッチします。

 

 

「他のウォレットをトークンポケットに追加する方法」

例えばマイイーサウォレットをトークンポケットにインポートするやり方を説明します。

①まずはトークンポケットを起動させ、画面の下にある歯車のマークをタッチします。設定の画面になるので、その中にある「ウォレットをインポート」を選びます。

②すると復元するときと同じように、プライベートキーまたはキーストアとパスワードを入力する画面になります。この場合はマイイーサウォレットを作成した時に、ダウンロードしたキーストアを、そこへ貼り付けます。

マイイーサウォレットを作成した際も、「keystore」キーストアをテキストなどに保存していると思います。それをコピペします。

パスワードを入力し、規約のところにチェックを入れたら「インポート」を最後にタッチします。

これでインポートは完了です。

「トークンポケットについてのまとめ」

トークンポケットは日本人チームによって開発されたこともあり、日本語で分かりやすく画面もシンプルな分、直感的に操作できるところがあるので慣れやすいウォレットとも言えます。

またERC20といったイーサリアム上で稼働しているトークンも管理することができるので、取引所に置きっ放しの場合でもすぐにトークンポケットに移動させることができます。

ぜひ、使ってみてください。

 

ウォレットの最近記事

  1. トークンを簡単に管理できるtokenPocket|トークンポケット

PAGE TOP